徒然夢想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第90話 0【―】
ドラマCD第2弾おめでとう御座います!豪華得点気になるけど微妙…(笑)
というかまたXI出てくるんですね。
今度は一体誰が壊れてくれるのかドキドキです。




何というか、もう言葉に出来ないです。
医師の会話の後1項目開いた瞬間、春川の表情や壁に寄りかかる姿勢が言い知れぬ何かを物語っています。
天才である自分が直せなかったことへの屈辱や挫折もあるけど、弥子の言う「春川教授の無念さがひしひしと伝わってきた」と言うのも、それより何よりも春川の中に込みあがってくるものは彼女を失うことへの恐怖なんだろうね。


『彼女に外見だけでも本来の「自分」が戻ってきたのは…息が絶えてからだった』
…うおお…人間が本当の自分に戻ったりするのは死ぬ直前とか後とかそういう話を聞くが、本当の姿でだけでもということならそれは残酷な優しさだと思うよ。


(↓個人的な内容なので見たい方は反転)
これはある人の話でこの内容とはちょっと違うけど、生まれた子供が1万に一人の病を持つ赤子を産んだんですよ。そして1ヶ月という短命で亡くなってしまったんですけど、その赤子はとても1ヶ月というような短い年齢にも関わらず、とても良いこで、息を引き取る直前、その赤子は赤子ではないような大人びた表情であったと聞きます。それは1ヶ月という短い歳月の中で一生懸命生きたのだと思います。




君が   遠い
この絵、ぱっと見キスしているのかと思って少しドキリしました(笑)
でも春川が刹那さんの横に座り、上からじっと眺めている後ろ姿が本当物悲しい。


CTスキャンによる脳の断面 脳波測定で得られた脳電図 膨大な資料は皆
ただの壊れた物体の観察日記だ
断じてこれらは君ではない 君であってなるものか!!

君を  造ろう
美化もせず 風化もせず 1ビット足りとも違(たが)うことない君を造ろう

どんな手段を使ってでも 本当の君にもう一度会いに行こう

全てはこの日の決意から始まった作業。でもこれは何年何百年と掛けても作り上げることが出来ないと、思い出を便りに彼女を作ることは出来ないと弥子も、それは春川自身も知っていたことを、だから人間だけの持つその感情を無くすため、ただ刹那を造ることだけのために春川を殺したことが、そしてその春川殺害時でも春川は避けることせず殺されたことが、それが春川の望みなんですね。


春川と刹那さんが森林を散歩している風景なんですが…刹那さん!!手!腕!春川の腕に手回してる!!!


『シェークスピアを見たこともない男が 猫をキーボードの上で歩き回らせ いつか偶然にもシェークスピアの戯曲を書き上げるのを待っている』
喩え方が美し過ぎる……!!


『春川は私に自己破壊の権利を与えなかった 最後の決定(エンター)は… 外部の人間が入力しなくてはならないのだ』
「…ッ できないよ!! 電子ドラッグの治療薬(ワクチン)まで作ってて!! しかも…解かれたくないはずのパスワードのヒントまで私に出して!!」

ということは春川はHALが自身をデリートする恐れがあったのでしょうか、自分が死を避けなかったのと同じように。


『このまま生かされても無意味な苦痛が続くだけだ 消せッ!!』

『早くしたまえッ!! 人工知能の私に恩や情は通じないぞ!!』
でもそれを弥子にやらせるなんて…残酷すぎるよ!!
しかも『一時間もすれば…』という流れから、もしかしたらこのまま話をしながら時間を費やせば、HALは再び蘇ることが出来るのに、それも敢えて弥子に言うことは、そこまでしてHALを生かすことは自身もしたくなかったのかもしれない。


弥子が震える手でエンター押す指が息を呑んでしまう。

94.25%、85.47%、51.93%、19.74%、2.31%、と、刻一刻と減少していく春川の内情や表情が、悲痛な顔ではなく、笑みが刻まれていることが悲しい。

0.97%、のところでピク…と何か気付き、
0.03%、で振り向き
0.004%、この表情は歓喜なんですかね
0.0002%、『1の世界でも遠かった 1と0の狭間に来ても遠かった』
0.00000001%、『どんなに彷徨っても 決して会えなかった君が…』
0.000000000000000001%、


こんな…  こんな近くに!!

あーもうこの満足そうな表情。よかった…やっと巡り会えたよ…本当良かった…最後の展開は何となく予想はしてたけど、でもこの表現は凄い良い。

0%

弥子の後ろ姿が物悲しい……んですが、本当申し訳御座いません。
弥子の後ろ姿がエロくて凄い萌える(失礼)


「腹ごなしの運動としては最適だったな」
こんな時にネウロ登場!!間が良いのか悪いのか…(笑)


「…わかんないよっ… …あんたなんかには…!!」
ネウロの指を払い、叫ぶ弥子。
払われたネウロは何故か嬉しそうな表情。

「日付も変わった 帰るぞ」
この「日付」は、物理的なものではなく、弥子の日付とみなしても良いんですよね??


【使命と哀憐と… 涙の答えは分からない。 ただ、星空、満点。】

なーんだもうこの終わり!!読み終わったら凄い溜息はいてしまいましたよ。
あまり物語りにのめり込まない性質なんですけど、ネウロってもう…っ言葉に出来ないです。

次週はとうとう治療薬を投与し終わった世界ですかね。
ということは匪口もそろそろ帰ってきますかね。そしてそろそろ笹塚も治ってますかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。