徒然夢想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第81話 半【50パー】
ジャンプの掲載順がBLEACH→NARUTO→銀魂→アイシールド21→魔人探偵脳噛ネウロだったことに感激しています。


そして完全に匪口×弥子でした(萌)
弥子の言う「本当は操られてないから」という言葉にあっさり納得出来ました。というのも、今更言うとこじ付けな感じがしますが、弥子の説明で「電子ドラッグにかかった人達は…罪の意識を消されたから犯罪を犯したけど…だけど匪口さんは罪の意識があったからこそ…それを忘れたくて犯罪を犯そうとした」という言葉とは違うんですが、自分の解釈では、多分前の日記にも書いたと思うんですが、今までの中毒にかかった犯罪者は、弥子の言う「芯が無いように見える」「無理矢理芯を作ったような」とあったり、笹塚の捕まえた犯人や放火魔がそうっだたように、春川の元にいた生徒3人には、「撲殺願望」「銃殺願望」「刺殺(貫通)願望」とあったけど、そのどれもがただ「そうしたい」動機であって、ただの快楽犯罪者だったのにも関わらず、匪口には昔の忘れたいけど忘れるころが出来ない記憶があって、それが多分「芯」となって「動機」になっていたと思うので、匪口の「混沌願望」には少し違和感がありました。
でも電子ドラッグにはまっていなかったというのは分からなかったです。だってガクガクしてたし(笑)。それに半分は支配されてたんですね。というか匪口眼鏡にも改良出来るなんでどんな博士ですか(笑)

というか枠外の「ネウロ」の文字が気になります。え?魔人探偵脳噛は?

匪口のあっさりと敗北宣言したのは匪口の性格が現れていると思いました。

弥子が下の人に対しての心配に「半殺し」程度で済んだネウロにあっぱれ(それ以上は出来なかったのではないかという不安もありますが…)

弥子の匪口に語る言葉「…ちょっとだけ 匪口さんが電子ドラッグに冒されて良かったと思う …だって本当の気持ちが聞けたから 辛い記憶を誰にも話さず生きるのって…何より辛いと思うもん」
そうですよね。本当は言っちゃだめだと分かっていることを、だけど匪口に対して慰め?でも無いけど、そんな言葉言い訳に過ぎないけど、自身を知ってくれた弥子の言った言葉だからからこと、匪口の胸にストンと入ってくれたら良いなと思った。

「私で良ければいつでも話しをしに来てよ! そしたら必ず答えてあげられる 匪口さんは犯罪者じゃないって」
ちょ、もしかして匪口時々事務所行くイベントあるんじゃない?いずれ来るよね!そしてこの章が終わってもこの後再登場という、これは期待しても良いんですよね??

「ハッキング」
「…あ それは犯罪か」
この時のネウロの目が最高です。


「反則だよ」
お前の顔が反則だ・・・っ!!なんだよその顔ヤバイよ。


「言ったらどーせタダじゃ済まないんだろ?」
この時のネウロの何とも言えない表情が最高です。



最後にハーメルンのバイオリン弾きを思い出してしまいました。ヒビの入る場面…が…(汗)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。